3.製品を絞る

どのメーカーのLTOドライブを導入するかを検討する

LTOドライブのメーカー

LTO導入にあたり、接続方法と世代が決まればあとは”どのメーカーの製品にするか”を決定するだけです。 主要なサーバメーカーのほとんどが、バックアップ製品としてLTOを販売しています。 では、どのメーカーの製品を購入するべきなのでしょうか。

メーカーで違いはあるのか

LTOドライブの見た目・サイズ(筐体)

内蔵以外のLTOドライブの見た目やサイズは、メーカーによって多少の違いがありますが基本的な構造に大差はありません。
LTOドライブ 各メーカー筐体


LTOドライブの性能

LTOは、どのメーカーの製品も規格で定められた同じ設計で製造されています。メーカーによって性能に違いはありません。


LTFSのGUI

LTFSのソフトウェアは、各ドライブメーカーから無償で配布されています。 GUIはメーカーによってメニュー配置や見た目の違いはありますが、機能的な違いはありません。

メーカーを選択する際のポイント

①サーバメーカーに合わせる

純正の製品である必要がある場合は、LTOドライブを接続予定のサーバメーカーに合わせて同じメーカーのLTOドライブを導入しましょう。
弊社では、主要各メーカーのLTOドライブを取り扱っておりますので、詳細はお問い合わせください。

②導入費用を抑え、価格で選択する

上記で述べたように、基本的な構造・性能・機能にメーカー差はありません。 サーバのメーカーと、LTOドライブのメーカーが異なっても問題なくご使用できますので、できるだけ低コストで導入したい場合は、是非ご相談ください。
LTFSのデモ環境

弊社検証機でのデモンストレーション、
検証機のお貸出 随時受付中

<デモンストレーション>
弊社にてLTFSによるデータアーカイブのデモンストレーションを行っております。導入にご興味があるお客様で、操作感等どんな感じなのかまずはデモを見てみたいという場合は是非お気軽にお越しください。

<検証機お貸出>
お客様の環境に合った機器の選択等はご相談いただければ弊社営業より提案いたします。導入に必要な機器類をまとめてお貸出可能です。